なぜ、宇宙は膨張し続けるのか?

初めに、今回は、「なぜ、宇宙は膨張し続けるのか?」について述べていきたいと思います。

ここで、ビッグバン以来、光は秒速30万キロメートルで宇宙の端に向かって移動し続けました。

宇宙は光の移動を止める訳にはいかなかったので、宇宙それ自身を膨張させることで、これに対処しました。

※現実に、この宇宙は光と同じ速度である秒速30万キロメートルか、それ以上の速度で膨張しているそうですが、これは明らかに、"宇宙の端に向かう光"に対処するためと考えられます。

つまりは、この宇宙は、あらゆる物質やエナジーの振る舞いを達成ないし実現するための"普遍的な場"を求めた結果として、"(宇宙それ自身の)膨張を余儀なくなされた"、ということです。

※ちなみに、この宇宙の膨張の仕方については、よく風船をつかって喩えられますが、これは正確ではありません。なぜならば、この宇宙の空間は3次元だからです。つまりは、3次元の空間が膨張して、その容積を増やし続けているからです。

※また、この宇宙に内在する銀河団ブラックホールから発生する引力に対抗するためにも膨張を続ける必要がありますね・・・。

したがって、この宇宙の膨張は、(宇宙の端に向かって)移動し続ける光がある限り、止まることはないでしょう。

ここで、空間とは、"位置の系列"であり、"物体の配置(≒物体間の隔たり)"を保存するための仕組み・枠組みであるために、'無限'ということはありえません。なぜならば、(すべての)物体は、無限の(位置の)系列を経て移動することは適わないからです。

※(空間)が有限であるからこそ、物体は移動できるのです。

したがって、この宇宙の膨張に限界のあることは明白です。ただし、それが"いつなのか?、どこまでなのか?"は定かではありません。宇宙の空間は'無限大'なのですから・・・。