物事の選択・決定の背後にあるもの(代数学的解釈と統計学的解釈)

初めに、今回は、「物事の選択・決定の背後にあるもの(代数学的解釈と統計学的解釈)」について述べていきたいと思います。

ここで、「代数学的解釈」とは、ある二者択一の選択・決定においては、(物事の)選択・決定は、「命題」や「結論」という形で捉えられます。

したがって、その選択・決定を下す人にとって、その選択・決定は、その後の事態や状況の展開について重大な意味や価値が認められるということになります。

これは、(選択・決定者が、)ある問題に対して一貫した姿勢や態度を示すことと同義です。

なぜならば、代数学上では問題とは即ち命題であり、それは決定的にその「真偽」が重要だからです。

たとえば、ある事態や状況の展開が(時間的に)不可逆であったり、その結果として逸失する利益や価値が永遠に失われる、あるいは得られるといった場合の問題では、その命題の真偽が強く求められます。

※これについては、法律の世界が代表的です。

※これはあくまでも、「演繹法」によって誰にとっても合意や理解、はたまた納得できる恰好で物事を選択・決定しなければならないということでもあります。

ここで、「統計的解釈」とは、ある二者択一の選択・決定においては、(物事の)選択・決定は、「比率」や「割合」という形で捉えられます。

したがって、その選択・決定を下す人にとって、その選択・決定はさほど重要でなければ、大した価値が認められることでもないということになります。

これは、(選択・決定者が、)ある問題に対して曖昧な姿勢や態度を示すことと同義です。

なぜならば、統計学上では問題とは(代数学でいうところの)命題とは意味が異なり、それは(なかなかに)非決定的であったり、あるいは代数学ほど物事の白黒がハッキリとするということでもなく、経験や資料・データの蓄積から類推できることしか扱えないからです。

たとえば、ヒュームの言った「未来は過去に似ている」という言葉通りに、繰り返される事態や状況、(必ずしも)時間的に不可逆ではない事柄について適用可能だということであり、(比較的、)取返しの効く問題、やり直しのできる問題を対象とします。

※これについては、農業や産業の世界が代表的です。

※これはあくまでも、「帰納法」によって誰にとっても妥当な恰好で物事を選択・決定するということでもあります。

※ちなみに、二者択一の問題で半々の選択・決定を重ねているのであれば、「はい, Yes」と「いいえ, No」が丁度「1 : 1」の比率で、かつ「50% : 50%」の割合となります。

最後に、つまりは、この世界において、人間が経験するあらゆる選択・決定の問題は、この二つの捉え方・解釈によって説明できるということですね。

ダブルバインドと2次元座標系(問題の構造化と視覚化)

初めに、今回は、「ダブルバインドと2次元座標系(問題の構造化と視覚化)」について述べていきたいと思います。

ここで、(二者択一の)選択肢としての「はい,Yes」と「いいえ,No」を両端に備える1次元の座標系を考えてみます。

※仮に、「はい,Yes」を「+1」として、「いいえ,No」を「-1」とします。

すると、中間のゼロは、「選択の保留」=「Unknown(不定,不明)」となります。

※この段階では、選択の保留については、それが「消極的なもの」なのか、「積極的なもの」なのかの判別はできません。

※ちなみに、座標系へのプロットが無いのは、「選択の拒否」=「Null(無効)」となります。

ここで、(二者択一の)選択肢としての「はい,Yes」と「いいえ,No」の直行する2本の座標軸を備えた2次元の座標系を考えてみます。

※次元を一つ上げるということですね・・・。

すると、ゼロを始点とする45度の対角線(=合成ヴェクター)の先は、「消極的な選択の保留」=「Unknown(不定,不明)」(=選択者は近い内に選択をするつもりでいる)となります。

さらに、ゼロ(=対角線,合成ヴェクター)の元は、「積極的な選択の保留」=「Unknown(不定,不明)」(=選択者は今回に限らず、暫くの間は選択を先送りにする)となります。

※ちなみに、座標系へのプロットが無いのは、「選択の拒否」=「Null(無効)」となります。

終わりに、この座標系による表現は、男女性についても用いた手法・テクニックですが、ダブルバインドにも適用できると気づいたので、単独の記事にしてみました。

国の借金は、国民の資産?(貸方・借方の錯覚・誤解)

初めに、今回は、「国の借金は、国民の資産?(貸方・借方の錯覚・誤解)」について述べていきたいと思います。

ここで、国民は市中の銀行にお金を預けていて、それを原資として銀行が日本国の国債を購入しています。

※本記事の執筆時点では、(ほぼほぼ、)日本国内の銀行が日本国債の大部分を購入しているようです・・・。

外資の存在が絡むと余計に話がややこしくなるので、この記事では外資の存在を(思い切って)スパッと切り落とします・・・(笑)。

(単純な)帳簿上では、国民は「貸方」となり、国は「借方」となります。

しかし、日本国の国民は、国が提供している各種の公共財・公共サーヴィスを利用しているので、「単純な貸方・借方の関係」にはなり得ません。

例えば、公共財でいえば、日本全土に道路が張り巡らされていますし、全国には大小様々の公園や図書館が置かれています。

公共サーヴィスでいえば、国内の治安維持のために警察があったり、国土を防衛するために自衛隊があったりなどです。

社会保障制度・セイフティーネットの維持・運用も広く言えば、公共サーヴィスに含まれます。

つまりは、日本国民は誰でも、(多かれ少なかれ、)こういった公共財や公共サーヴィスを利用しているので、日本国民は国にお金を貸し付けているのと同時に、そのお金を(一旦、国を介して)恰好を変えて使っているのです。

勿論、高額所得者(=高額納税者)などは、国が提供している財やサーヴィスを利用している分よりも多くのお金を(税や預金という恰好で)国に出しているので、(世の中の反発や反感を恐れずにいえば、)「(純粋な意味での)国への貸方」となります。

この逆に、国に出している分よりも多くの(国の)お金を使っている人は、「隣人(=富裕層)のお金」を融通してもらっていることとなります。

※これが国の持つ「所得の再分配機能」と呼ばれるヤツです。

※実はこれが、そのまま「国債の仕組み(=正体)」だったりします。

しかし、国の財政運営上、全ての日本国民の間で、誰が誰にお金を融通しているかの実態や関係は把握できないので、日本国の借金の総額を人口で割った額を算出しているのですね・・・。

そして結局のところは、「日本国の借金は、そのまま日本国民の借金」となって、全ての国民の肩に重く圧し掛かってくるのです。

※これを解決するために日本の中央銀行である「日本銀行」がお金を沢山刷って、市中に出回らせれば、確かに国の借金は減らせますが、一度これを実施してしまうと、ハイパーインフレを引き起こして世の中を混乱させかねません。

※勿論、実施の規模や金額にもよりますが、国内においてインフレを引き起こしてしまうリスクが発生します。

※ただし、市場に出回っている、流通している各種の商品や製品が、誰にも購入・消費されずに廃棄されている(=生産過多の状況になっている)のであれば、インフレはさほど大きくは起こらないとは思いますが・・・。

終わりに、昨今では、日本国は増税に次ぐ増税を加速して検討しているようですが、国の借金が(大変に)嵩んでいるこの今では、景気刺激・浮揚策を講じる余裕すらないと観るのが妥当でしょうね・・・。

※国の財政に対して大掛かりな手術を今断行することで、まさに今(日本国民が)痛みを引き受けるのか、手術を先延ばしにして、さらに大きな痛みを(日本国民が)引き受けることになるかの違いだと思います・・・。

※結局のところ、景気刺激・浮揚策とは、詰まるところ「バラマキ政策」のことですから、将来の借金返済をより苦しいものにするだけで、根本的な財政面での解決にはならないのですね・・・。

座標系と男女性(性別を座標・ヴェクターで表すということ)

初めに、今回は、「座標系と男女性(性別を座標・ヴェクターで表すということ)」について述べていきたいと思います。

まずは、一次元の座標系を考えてみます。

1次元の座標系の両端には、プラス極(=+1)とマイナス極(=-1)があり、両者の間にはゼロ(=0)があります。

ここで仮に、プラス極を「男性(らしさ)」、マイナス極を「女性(らしさ)」としましょう。

では、ゼロはなにをあらわすでしょうか?。

答えは、男女性の「どちらでもない(=無性)」となります。

※あるいは、「積極的な保留」となります。

※日本の義務教育並びに高等課程では、ゼロはプラスとマイナスの「どちらでもない」ことになっています。

しかし、ここで問題が一つ出てきます。

それは、「両性(=両性偶有者)」の存在が1次元の座標系では表せないということです・・・。

ここで、座標系を2次元に拡張してみます。

すると、「男性(らしさ)軸」と「女性(らしさ)軸」上の成分が等しいヴェクター(=原点ゼロを始点とする45度の対角線)(=合成ヴェクター)は、男性(らしさ)と女性(らしさ)が拮抗して、ちょうど男女両性を表すことができるようになります・・・。

※これはコンピューター用語・プログラミング用語でいうところの「Unknown(=真偽不明,判定不能)」(=状況によって変動し得るということ)となりますね。

※あるいは、「消極的な保留」となります。

ところで、男性(らしさ)と女性(らしさ)のどちらかの成分が僅かにでも対極にある成分よりも多い場合に、その内の多い方の性別として決定する方式は、(ある種、)「代数的」であり、両方の成分がちょうど拮抗している場合に、(男女共に「五分五分の条件」で)乱数を用いて性別を決定する方式は、(ある種、)「確率的」な手法・解釈といえるでしょう・・・。

終わりに、男女の性別を完全な形で表現しようとすると、2次元の座標系(=ヴェクター空間)を必要とするということが分かりました。

※ちなみに、そもそも値がセットされていない未初期化な場合には、コンピューター用語・プログラミング用語でいうところの「Null(=無効な値)」となりますね。

※あるいは、「決定の拒絶」となります。

二重スリット実験②(スクリーン上の干渉縞=量子のブレた動き)

初めに、今回は、「二重スリット実験②(スクリーン上の干渉縞=量子のブレた動き)」について述べていきたいと思います。

一般的に、動いている被写体を時間分解能の低いカメラで撮影しようとすると、カメラには被写体がブレて映りますよね?。

※これは、一つの(フィルム上の)コマに、複数時点にまたがる一連の動きが焼きこまれるからです。

ここで、だれにも、なにものにも観測されていない時には、量子は気ままに振舞う結果、波動としての性質を帯びており、実際の観測によって、(世界線を一つに限定しなければならなくなるゆえに、)粒子としての性質へと転換するということです。

※「波動の状態」=「不特定多数の世界線を描く」。「粒子の状態」=「ただ一つの世界線を描く」。

ただし、電子や光子が量子の状態(=波動の状態)の時には、量子それ自身の不特定多数の軌道がぶつかり合ったり、互いに干渉したりするので、スクリーンに到達・衝突する位置から、元の軌道が「枝分かれ」していることがわかるでしょう・・・。

※スクリーンに現れる「干渉縞」それ自体が、「量子のブレた動きの証拠」ということです。

ではなぜ、電子や光子などの「量子」は、「同時に複数の世界線を描くのか」といえば・・・。

それは、量子が純粋なエナジーであるがゆえに、(主だった軌道から)ややそれたり、ブレたりするのではないでしょうか?。

※そもそも、「エナジー」とは、空間中での「(物体等の)動きの活発さ」あるいは「(物体等の)動きの勢い」を表すものでした。

最後に、ひょっとすると、「量子」とは、「子供のようにじっとしていられない存在」なのかもしれませんね・・・?(笑)。

シュレディンガーの猫とウィグナーの友人①(実在性とはなにか?)

初めに、今回は、「シュレディンガーの猫とウィグナーの友人①(実在性とはなにか?)」について述べていきたいと思います。

これは巷でよく「シュレ猫」と呼ばれるシュレディンガーが構想した有名な思考実験です。

「ウィグナー」のほうは「シュレ猫」を拡張した実験です。

※これは、シュレ猫と実験装置を閉じ込めた部屋を、実験者の友人がのぞき込むというもので、友人自身もシュレ猫のいる部屋よりも大きな部屋に閉じ込められています。当の実験者は建物の外側にいて、扉を開けてから友人に実験結果を伝えてもらいます。

ここで、これらを拡張した実験を実際に行った結果があります。

その結果としては、「観測者によって、見える現実(=観測される事実)が異なる」というものでした。

※なんともショッキングですよね・・・(笑)。

つまり、「量子効果」「量子揺らぎ」「量子の重ね合わせ」などと呼ばれている現象は、我々人間サイズの世界でも起こり得るということがわかってしまったのです。

※正確には、「40キログラム」=「女性一人分の質量の物体」です。

先の実験によって、「(世の中で、)一体だれが見ている現実が正しいのか」という問題に突き当たってしまったわけですね。

結論からいってしまえば、世の中で起こる物事の多くは、我々のあいだで共通に認識して、了解できるのですが、どうやらこの宇宙では、互いに見聞きする(=体験する)物事が違っている場合が(多少なりとも、)あるということになります。

(すべての人の間で、)なにからなにまで、見聞きしている物事が違っていたら、人類の文明はここまで発展しなかったでしょうね。

※まずもってコミュニケーションが成立しないでしょう。

※それこそ人間の世界が「カオス」になってしまいますね・・・(笑)。

では、この宇宙には、「絶対の観測者」がいるのでしょうか?。

最後に、おそらくは、それが「神」であり、唯我論にも通じますが、そんな「神に近い存在の人間」がこの世のどこかにいるのかもしれませんね・・・。

運の正体

初めに、今回は、「運の正体」について述べていきたいと思います。

ここで、ある人は事故や病気で若くして亡くなったりします。対して、別の人は一生涯、健康で長寿だったりしますね。

※あるいは、国が戦時であれば、徴兵されて戦地で亡くなったりします。対して、徴兵されずに国に残されて長生きする人もいます・・・。

さらにいえば、ある人は一生涯お金に困ったり、不自由したりします。対して、別の人は一生涯お金に困らない、不自由しなかったりします。

これは一体なぜなのでしょうか・・・?。

答えを急ぐのではなく、ちょっと遠回りしてみます。

ここからは、ビジネス(=実業)の世界に焦点を当てていきます。

ある企業は、時勢や時代の流れにうまく乗っかって、事業を拡大してゆき、創業者一代で、大きく名のある企業に育っていったりします。

※戦後の焼け野原では、GHQ令や戦争そのものによる被害によって、たくさんの企業が廃業や縮小化に追い込まれたのでしょうが、同時に、沢山の小さな企業が生まれたりして、それらが後に世界的な企業へと大きく育っていきました。

※ホンダやパナソニックなどがそのいい例でしょう・・・。

パナソニックは戦中にもありましたが・・・。

では、企業の成功事例から読み取れることはといえば、それは・・・。

「その時代ゝに求められることをした」、あるいは、「時代を先取りしていた」ことなどが挙げられますね。

※後者の「時代を先取りしていた」は、「イノヴェイション(=破壊的な創造行為)」に当たりますね。

※もっといえば、「自分(=創業者自身)の信じることを ひたすら粘り強くやり続ける」ということもあるでしょう。

※世の中には、(時代にかかわらず、)必ずと言っていいほどに、「邪魔者(=世の中の抵抗勢力)」がいるのですから・・・。

結果として、その成功は「運がよかった」とか「運が味方してくれたから」とか言われるのでしょうね・・・(笑)。

翻って、「個人の運の良し悪し」にも、同じことがいえるのではないでしょうか・・・?。

最後に、突き詰めれば、「運の良い人(=企業)」とは、①「(時勢や)時代の流れに乗っかっている」、②「(世の中の大多数・不特定多数の)人々に求められる」、③「(いくら邪魔をされても、)自分の信念を貫こうと 日々研鑽に励んでいる」などではないでしょうか・・・?。

※「邪魔者(=自己と利害の相反する者達)(=抵抗勢力)の行為」=「社会的に張り巡らされた罠」や「手柄や功績の横取り」に遭わない、あるいは、遭わないように日頃から注意しておくことも挙げられますね・・・。

※では、世の中で不運や災難に見舞われる人とはどんな人かといえば、それは、「この世での使命をまっとうした人(=一見、不運や災難のようで、実はそれが天命だった人)」、あるいは、「邪魔者に貶められる人(=もっと言えば殺されてしまう人)」となるのでしょうね・・・。

今回はいつにもなく、かなりシビアな内容となってしまいましたね・・・。