人はなぜ生まれてくるのか?(汎神論とモナド論の合せ技)

初めに、今回は、「人はなぜ生まれてくるのか?(汎神論とモナド論の合せ技)」について述べていきたいと思います。

ここで、現代の科学(=宇宙物理学)は、この世界や宇宙の起源にだいぶ迫っていますが、それでもなお、この世界や宇宙がなぜ生まれたのかについては答えを出せていません。

※というよりは、本来、「科学」というものは、そういうものなのでしょう。

※つまりは、科学というのは、「物事の過程や文脈について問う」ことしかできないからでしょう。

したがって、科学に代わって、宗教やスピリチュアル界隈が、この問いに対して、(ある意味、)真摯に向き合ってきたといえますが、本来ならば、哲学こそが、この問いに一定の答えを提示するべきだと筆者個人は考えます。

※「神はいるのか」とか、「人はなぜ生きるのか」といった問いですね。

※これは一般に、「形而上学」と呼ばれています。

科学に対して宗教やスピリチュアルでは、開祖や教祖の個人的な思想や価値観が全面に出ているので、これを一般社会の共通了解としてみなすことは大変に難しい。

※これは、特定の国家や社会全体が、特定の宗教や信仰に依拠・依存することにもなりますし・・・。

※欧米などのキリスト教圏では、それが成功しているといえますが・・・。

筆者個人は、物事を究極的なまでに思考し、(あくまでも、)論理的な積み重ねをすることによってこそ、答えを出すべきだと思いますが・・・。

※ちなみに、キリスト教では宗派にもよると思いますが、現世に生きている人々は、「労働という苦役を課せられている」とか、「地上のあらゆる不幸・災難は、人間に与えられた罰」だと考えますね。つまりは、キリスト教の神は、楽園を追放された人間を嫌っているということですね・・・。

※日本の教派神道を代表する天理教では、「陽気暮らし」という考え方があって、これは、人間が地上で楽しく暮らしている様子を天上の神が見て喜ぶというものです。

※昨今のスピリチュアル界隈では、人類にとっての地上天国や黄金の理想郷である「ミロクの世」の到来を告げたり、しきりに「カルマの法則」を挙げて、世の中のすべての出来事のすべては「因果応報」「自業自得」だとかいっている方が多く見受けられます。

しかし、これらは、どれもが教祖や開祖の個人的な思想や価値観の域を出ないもので、だれもが理解・納得できるものとはいい難いでしょう・・・。

そこで、このことについて哲学的に考えるとはどういうことでしょうか?。

スピノザは、「この世のすべての存在は神の一部である」と考えたし、デカルトは、「この世のすべての存在(=特に人)は、(生来的に)世の中全体の調和・発展を受け持つもの」として考えました。

※ちなみに、筆者個人は、「スピノザの汎神論」や「デカルトモナド論」がしっくりきます。

ここで、スピノザデカルトの哲学を併せて援用すると、面白い結論を導くことができます。

それは、①「この世のすべての単一の存在(=モナド)は、神を源流・源泉としている」ということと、②「この世のすべての単一の存在(=モナド)は、この世の調和・発展に寄与するべく仕組まれている」ということです。

以上の①②からわかることは、この世のすべての人は、それぞれに使命や天命を与えられているということですね。これは、個人の適正や才能は、あらかじめプログラミングされているともいえます。

※個人の一生を左右する運命や運勢も仕組まれているということになりますが・・・。

結局、なにが言いたいのかというと、「各人が、(時々に)望むままを行う」というのが一つの真理であり、神の意志であり意図でもあるということになります。

※日本を代表するコミック『剣風伝奇ベルセルク』でも出てきますね。

筆者個人なりに考えてみましたが、「両親が愛し合ったから、今ここに自分がいる」とか、「その人の存在が社会から要請されたから」という程度の答えしか出せませんでした・・・(笑)。

最後に、つまりは、我々人間にできるのは、「この世で起こった出来事に対しては、常に後付けで意味を与える」ことだけです。それがいつの間にか、神なる者の意向に沿う形になっているという結果論こそが、この世界や宇宙を貫く真理なのでしょうね・・・。

※たとえば、「仕事の後のビールが美味しい」とか、「家族団欒の時間がいい」とか、そういった個々人の純粋な願望や欲求に従って生きるのが(我々人間にとっては、)自然体であり、いちばんいい形だといえます。

※では、犯罪者や愉快犯についてはどうかといえば、それは「神のみぞ知る」ところでしょうね・・・(笑)。

集合の本質(宗教学と経営学と情報学を貫く論理)

初めに、今回は、「集合の本質(宗教学と経営学と情報学を貫く論理)」について述べていきたいと思います。

ここで、日本の神話にあるように、日本の最高神(=皇祖神という意味合いでの「最高」)は「アマテラス」と呼ばれる「太陽を司る神」ですが、日本の神話に限らず、世界中の神話には、この世界や宇宙の物事を人格化したり神格化した例が多く見られます。

※これは、この世界や宇宙における(星や天体などの)存在や、その働きを細かく分けて、それぞれに「神名(カミナ)を配する」という考え方です。

※この世界や宇宙の原初の神のことを「アメノミナカヌシ」と呼ぶそうです。

※この考え方は、日本の教派神道を代表する「天理教」に顕著に表れています。

天理教では、人体の各機能や働きを「皮ツナギ(=皮膚)」「骨ツッパリ(=骨格)」などと言い、人体の各機能や働きを司る神々がいて、人間を(生理的・生物学的な意味で)守護していると考えていますね。

ここで、会社などの人間組織では、まずは創業者兼経営者がいて、その創業者兼経営者が人を雇い入れて、事務や経理、営業や販売を部下に任せていきます。

ヴェンチャーやスモールスタートにおいて、創業期には、創業者兼経営者が組織運営にまつわるすべての業務を一人でこなしていると仮定します・・・。

すると、初めにいた創業者兼経営者の持っていた職業的な権限が、部下達に委譲されていって、会社組織が大きくなっていき、その組織は多くの部署や部門を内に抱えるようになっていきます。

※これは、単細胞生物が多細胞生物へと進化していく過程に似ていますね。

つまりは、「集合や組織」というのは、初めには、機能的かつ属性的に未分化な状態があって、これが時間の経過に従って、徐々に機能的・属性的に細分化されていき、単一の存在だったものが、いつの間にか、複合的な存在へと変わっていくということです。

この現象は、コンピューター分野のオブジェクト指向においては、トップレヴェルの「Object型」から様々なクラス型が派生していく過程や、トップダウン的にシステムやアプリケーションを開発していく過程に似ていますよね?。

※「ウォーターフォール開発」のことです。

最後に、したがって、「集合や組織(の基)」とは、(宗教学においては、)「唯一神」のことであったり、(経営学においては、)「創業者兼経営者」のことであったり、(情報学においては、)「Object型」または「アプリケーションクラス」であったりする訳です。

※結局のところ、(あらゆる)「集合や組織」には、①機能的かつ属性的に未分化な状態があること、②すべての部位や部分を統率または統括する高次の存在があることが挙げられます。

エクスキューズの本当の意味(非難あるいは差別や否定の手法)

初めに、今回は、「エクスキューズの本当の意味(非難あるいは差別や否定の手法)」について述べていきたいと思います。

ここで、巷ではよく、「あなたのことではないけれど・・・」とか、「あなたを差別したり 否定するつもりはないけれど・・・」などと一言目に断りを置いた上で、相手のことについて言及する人がいるようです。

しかし、このことを論理的に分析すれば、前段に断りを置き、後段に相手についての言及を置いていることから、つまるところ、その人にとっては後段の内容こそが真に言いたいことであり、そちらが本意となるはずです。

※文章的には、「前段に当たる部分が導入」だとすれば、「後段に当たる部分が本題」だということですね。

したがって、こういった断りを置く人というのは、結局のところ、相手を非難したり、相手を差別あるいは否定したいという欲求に突き動かされているのですね。

よしんば、(真っ向から)相手のことを差別したり、否定するつもりがないのだとすれば、この手の人にとっては、相手のことを積極的に肯定するつもりもないということになりますが、それならば、その相手に対して、(明確に)否定や肯定もしないと伝えるべきなのではないでしょうか?。

※つまりは、否定と肯定の中間的な位置付けとして相手を評価するということです。

※これならば、論理的に破綻しません。

※まず先だって、「あなたのことを 積極的に否定や肯定もしない」と言って置くか、あるいは相手のことには言及せずに初めから沈黙を貫いたほうがよい訳です。

最後に、言葉というのは道具であると同時に人の心を映す鏡でもあるので、くれぐれも言葉の使い方や、もっと言えば、エクスキューズの仕方を間違えると、相手には不快感を与えたり、相手をいたずらに不愉快にしたりと、言葉の弊害が出てくるので、十分に注意をするべきでしょうね・・・(笑)。

※筆者個人が過去に接した人の中では、「あなた以外には こういう人がいる」とか、もっとあからさまな表現・言い方だと、「あなたにとても近い存在の人がいる」などと、明らかに、私個人のことを見ずに、私と私以外の人を同列に見たり、同じグループに属しているかのように言われたこともありましたが、これには強烈な悪意を感じました。

可能性の選択(理解を超えた選択が不可能な訳)

初めに、今回は、「可能性の選択(理解を超えた選択が不可能な訳)」について述べていきたいと思います。

ここで、ある子どもが親から朝食を自分でつくるように言われました。

その子どもには、朝食の材料としてタマゴが与えられました。

タマゴがあれば、スクランブルエッグを作ることもできます。

しかし、その子どもは、目玉焼きの作り方しか知りません。

つまりは、その子どもにとっては、タマゴから目玉焼きを作ることしかできないので、スクランブルエッグを作る可能性は初めからないわけですね。

したがって、人間の意識の遡上に選択の可能性がない場合には、「(そもそも)選択するということ自体が不可能」な訳です。

※当人が、「偶然にスクランブルエッグを作ってしまった」ということも考えられますが、その場合には、(明瞭な)意識に基づく(明確な)選択として認められないゆえに、選択ではないとします。

※「理解を超えた選択が不可能」という言葉は、映画『マトリックス』の中で出てきます。

※また、作中での意味合いとしては、「その選択によってもたらされる結果について、それを(どの程度)認識できているかどうか」ということについて問われていると思います。

最後に、「理解を超えた選択」とは、①「意識の働きによって認識される可能性の選択」と、②「選択によってもたらされる結果についての認識」のことでした。

※①があって、次に、②があるという順序・流れです。

マイナス×マイナス=プラス(負数同士を掛け合わせると正数になる不思議)

初めに、今回は、「マイナス×マイナス=プラス(負数同士を掛け合わせると正数になる不思議)」について述べていきたいと思います。

これは、日本では中学校で初めて習う内容ですが、学校での説明にいまいちピンと来ない方のために書いておきました。

ここで、簡単な代数操作によって、このことを証明していきたいと思います。

1.「0=0」と置きます。

2.「0=(a-a)」とします。

3.「0=(a-a)*(-b)」とします。

4.「0=(-ab)+(-a)*(-b)」とします。

5.「(-ab)」を左辺に移項して、「ab=(-a)*(-b)」とします。

以上で完了です。

最後に、このたった5ステップで「マイナス×マイナス=プラス」となることを証明できましたね。

※巷では、このことについて、虚数をつかって説明する例もあるようですが、こんな簡単な式変形・式展開でわかってしまうものなのですね・・・(笑)。

虚数時間(実数時間以前の時間)

初めに、今回は、「虚数時間(実数時間以前の時間)」について述べていきたいと思います。

ここで、「虚数時間」とは、我々人間が日々体感している時間が「実数時間」だとすると、その反対の虚数の時間(=座標系上では、実数時間の軸と直交する軸上の時間)を指します。

※数学的にいうと、(大雑把ですが、)「複素数平面」の内、虚数に当たる部分です。

※ちなみに、これは、イギリスのホーキング博士が唱えたものです。

しかし、この世界や宇宙の誕生時において、実数の時間以前に虚数の時間があったと仮定しても、これをもって、世界や宇宙の誕生の謎に迫ることはできません。

なぜならば、この世界や宇宙の初めに虚数時間があったとしても、その「虚数時間以前の時間」の在り方・在り様については定義できていないからですね。

※「虚数時間以前の時間」がなかったとしてもです・・・。

最後に、(本質的には、)この世界や宇宙の誕生の謎に迫る際に重要なのは、「(世界・宇宙誕生時の)時間が、実数か虚数かを問う」よりも、「(そもそもの)時間の定義を明らかにした上で、時間とはなにから生じたのかを問う」べきではないでしょうか・・・。

ホーキング博士の主張によると、「虚数時間が、ある時、実数時間に変化・転化した」とのことです。

※ついでに、虚数時間を導入することによって、インフレーション時のシミュレーションを(ある程度、)(ある部分までは、)達成・実現できたとしても、「この世界や宇宙には最小の大きさ(=空間の容積)がある」と仮定しないかぎり、「特異点」の解消はできないでしょうね・・・。

権威・権力主義の悪弊(「集団病」あるいは「カリスマ病」)

初めに、今回は、「権威・権力主義の悪弊(「集団病」あるいは「カリスマ病」)」について述べていきたいと思います。

ここで、権威・権力主義が一旦社会にはびこると、例のごとく、権威・権力主義者やエスタブリッシュメントの手によって、その下に付いて生活している人々のあらゆるアイデアや知的な財産が吸い上げられてしまいます。

その結果、いつまでも、社会の一般層の人々の生活や暮らしは良くなることはなく、むしろ、彼ら権威・権力主義者やエスタブリッシュメントの私腹をますます肥やす結果となってしまいます。

彼らの手にかかれば、特定の個人や(比較的小規模な)組織や団体の挙げた成果や実績は、いつのまにやら、彼らのものになってしまうのです。

※具体的にいえば、個人の発明や権利を不当な価格で買い叩いたり、盗んだりすることです。

※大手企業がよくやるM&A、具体的にいえば、ヴェンチャーやスタートアップ企業などの買収戦略など。

※長期的に見れば、大手企業などが、ヴェンチャーやスタートアップのマネや模倣をして、後発の製品やサービスをリリースしてしまうと、どうしても、小さな会社は資金的に(知名度でも)太刀打ちできないので、必然的に大手企業からの買収戦略のカモにされてしまうのですね・・・。

この国の社会では、大手企業やエスタブリッシュメントなどの既得権益層が幅を利かせているので、社会的な成果や実績という美味しい部分は、すべて彼らが吸い上げて、反対に、都合の悪い部分はすべて下々の者に押し付けるという構造や弊害がつきまといます。

※大手企業が倒産の危機に直面すると、国や銀行が救済してくれるので、この国の企業はどうしても危機感や危機意識が弱いように思えますし、そのせいか、どことなく「殿様商売」をやっているようにも見えるのでしょうね・・・。

※企業や産業の新陳代謝がされにくいというのも、この国の特徴かもしれません。

※既得権を握っている人達や既存の産業(=特には、「製造業」や「建設業」)を守るための規制や、手厚い保護のための政策があり、この国のイノヴェイションを妨げている・・・。

※第一に、この国では、未来の社会を担う子供や若者達よりも、高齢者の考えや価値観が重んじられているし、有権者の絶対数でいっても高齢者のほうがかなり多いので、どうしても構造的に社会全体の代謝や生れ変わりが起こりにくいですしね・・・。

最後に、権威・権力主義が社会にはびこると、ほんとうに報われるべき人が報われず、逆に、権威や権力をやたらめったらと振りかざす人や組織の独壇場となり、あらゆる社会的な成果や実績は、この人や組織のものとなってしまうでしょうね。

※これは、もはや、大企業第一の「集団病」、あるいは、強烈な「カリスマ病」といってしまったほうがいいのかも・・・(笑)。

※ここでいう、「カリスマ」とは、マックス・ヴェーバーのいうところに近い、(超常的な)「人気」や、信奉者を集めやすい「ウケの良さ」といった意味合い程度のものです。