主体と客体(ならびに主観と客観)

現象学で知られるフッサールなどが論じたように、よく哲学の世界で論じられるのは、'客観的世界'は実在するのかということです。

つまりは、我々人間(=地球人類)の意識なく、この世界や宇宙はただ厳然とあるのか、我々人間の意識とは無関係に独立してあるのかということです。

しかし、我々人間の意識なくしては、この世界や宇宙は認識および理解されません。したがって、主観を持つ我々人間(=主体)がないことには、この世界・宇宙の実在は証明できません。

※以前上げた記事『卵が先か?、親鳥が先か?』、『二項対立の原理』でも述べさせていただいた通りに、どちらかが先にあって、どちらかが後にある、という類の問題ではないのです。”まずはじめに、その両方が同時にある”、というのが正答・正解なのです。

しかも、我々には、この世界や宇宙に対する共通の認識および理解があり、このことから、この世界・宇宙の実在は確かであり、我々人間同士が(なにかについての)会話をしたり、意思疎通ができたり、なにかの約束や契約も行うことができますから、やはり、この世界・宇宙は実在すると言えます。

たとえば、人々がある特定の場所に、特定の時刻で待ち合わせができるのは、この世界や宇宙が厳然とそこにあり、その場所の特定の建物も(勝手気ままに)移り変わることもなく、時も正確に流れている限りにおいては、やはり、このことは達成ならびに実現することが可能です。

しかし、ここで問題となるのは、このことがどのような場所であっても、何時いかなる時であってさえも、先のことが達成ならびに実現できるのかというと、それは誰にも保障することはできません。

この世界や宇宙の在り様および在り方が、常に一定であるということについては、我々人間の意識が及ばないからです。前に上げた記事『神の実在証明』でも述べさせていただいた通りに、この世界・宇宙は、神の意志によって動かされているということは既に自明です。

したがって、神の意志、あるいは、恣意によって、この世界や宇宙の在り様および在り方が、(突然にして)変わってしまうということも、原理的にはあり得ると言えます。

では、我々人間の持つ主観は間違っている、誤っているのかと言えば、そうではありません。主観は主観として、やはり厳然と機能している、働いています。

まず、主体はその内側に客観的世界(の一部)を写し取り、そこから主観が生じます。主観は、この世界や宇宙についての前提条件やルールから、ある時点における世界・宇宙の在り様および在り方について予測する、見当を付けることができます。

たとえば、電車は(事故などがない限りにおいては、)定刻通りに駅に到着することを、我々人間は把握できる、それを知ることができます。つまりは主観が正しいということです。(物理学で言えば、)落体は外部からなんらかの力を受けない限りは、落下運動をし続けることも把握できる、知ることができます。

しかし、これらの例はあくまでも、この世界や宇宙が、その前提条件やルールを変えない限りにおいてのみ成立し、神の意志、あるいは、恣意によって突然の変更を余儀なくされるということも(原理的には)あり得るのです。

まとめると、"主体と客体(ならびに主観と客観)"は、その存在において相互に依存しており、どちらかが欠けても、この両方が欠けてもいけないのです。これが、西田幾多郎の唱える'主客一体'の考え方です。

※ちなみに、'客観'とは、”複数の主観の合計"ではないということです。客観とは主観を超えた枠組みであり、現実においては、ある種の妥当性を担保する仕組みのことです。

しかし、現実的には、客観(性)といえば、(法律の世界などではそうですが、)複数の主観の合計が実質的には客観とみなされています。他には、目に見える形でわかる数字やデータなどもそうです。科学では、実験観察者の持つ目、その観察者からの視点を以って、客観とするという考え方で、科学は進歩および発展を遂げてきました・・・。