なぜ無でなくて有か?(究極の問い)

初めに、この問題を二項対立的に捉えると、(物事の真理の上では、)'無'と'有'が同時になければならない、となります。すなわち、"無があるから有もあり、有があるから無もある"、ということです。

したがって、なぜ、この世界や宇宙が現にあるのかというと、この世界や宇宙に先立って、もっと言えば、神の存在に先立って、無と有が二項対立しているという真理があるからこそ、この世界や宇宙は実在している、といえます。

つまりは、この世界や宇宙の内側が有であり、その外側が無となります。

※'真理'とは、物事の道理を究極化したもの、あるいは、この世の究極的なルールといえるでしょう。

※たとえば、"ある物体に力を加える、及ぼすには、そこに意志の存在が欠かせない"、あるいは、"(物事の)全体は一部分から構成される"、といったことです。

神でさえも、このルールを曲げることはできません。神の存在はある意味で、このルールの上で認められるものです。なぜならば、真理こそが神の存在の基盤となっているからです。

終わりに、神の存在は真理の上にあるものであったからこそ神自身は実在し、神が実在するから、この世界や宇宙も実在する、ということになります。

※もっとも、神がこの世界や宇宙の第一原因だとすると、"神こそが真理の体現者である"、ということもできるかもかも知れません。

※わたし(筆者個人)は、"真理とは不滅不生のものであり、(神自身も含む)すべての存在の基盤である"。また、"神自身の存在も真理の上では必然的に要請されたゆえに神は実在し、神は始め手探りで真理を掴んだ。そして、その真理に適う形でこの世界や宇宙を創造した"、と考えます。

※(当の神自身にしてみれば、)"物事の真理に適う形でしか、この世界や宇宙は創造できなかった"、ともいえます。