二律背反の原理

初めに、'二律背反'とは、二項対立するもののうちで、互いにその存在や主張がぶつかる、加えて、その二項両者が成立してしまうもののことです。

具体的には、ある人は男性であり、同時に女性でもあるということが成り立ってしまうという自己矛盾のことを表します。

※ちなみに、'両性偶有'の方が、この世の中にはいるそうです・・・。

ではなぜこのようなことが起こるのかというと、それは、その人の存在の在り方についてフォーカスしてみればわかります。

たとえば、実在する人物についていえば、男性と女性のそれぞれの属性や性質を一本の評価・座標軸で表すとすると、その中間に位置するのが両性であり、二律背反の状態となります。

※ちなみに、二項対立では、(ある時点では、)この評価・座標軸の両端のうちのどちらか一方だけ(=男性もしくは女性のどちらかだけ)が成立するということになります。

終わりに、二律背反とは非常に厄介な観念ではありますが、(人間の性別の例でいえば、)男性も女性も共に人間であり、両性とは人間の本質そのものだということができるでしょう。

※ある意味では、二律背反とは、二項対立するもののうち、二項両者がバランスするものということもいえるかも知れません。

※さらに、実在しない人物についていえば、性別は男性でなく、女性でもない、また、その両方でもないということになります。この場合、性別の概念や枠組み自体を超越しているともいえます。

※ちなみに、巷では、二律背反と不可分(トレードオフ)のことを混同している方がいるようです・・・。